HOME > support > guide > ASUS P6T メモリ設定ガイド

※ほかのASUS P6Tシリーズもほぼ同じ設定方法です。BIOSバージョンにより若干設定方法が異なることがあります。またスペックによってはお買い上げのメモリに対応しない場合もあります。

X58マザーボードはメモリを取り付けるスロットが決められています。3枚の場合はDIMM_A1、DIMM_B1、DIMM_C1に取り付けます。違うスロットでは起動しませんので、必ずマニュアルを確認の上、メモリの取り付けを行ってください。

ASUS P6T製品概要


     
製品情報 ASUS P6T  
最新BIOS入手先 ASUS Downloadページ  
チップセット Intel X58 chipset  
BIOS Award Software  
メモリ電圧範囲 1.50V~2.46V ほとんどのメモリに対応可能
CPU電圧範囲 0.85000V~2.10000V  
メモリクロック設定

DDR3-800MHz
DDR3-1066MHz
DDR3-1333MHz
DDR3-1600MHz
DDR3-1866MHz
DDR3-2133MHz
DDR3-2400MHz

DDR3-1866以上の設定は、CPU・マザーボードの耐性で動作しないこともあります。
メモリタイミング設定   豊富なタイミング設定

【1】BIOS設定画面

PCの電源を入れて、ロゴスクリーンが表示されたときにDELキーを押してBIOSに入ります。




AI TweakerAI Overclock Tuner[Manual]に設定します。設定はこのメニューで行います。




【2】メモリクロック設定

メモリクロックはDRAM Frequencyで設定します。



※DDR3-1866、DDR3-2133の設定は、CPU・マザーボードの耐性で動作しないこともあります。
※DDR3-2000の設定はCPUのOCが必要です。BCLK 143設定でまず試してみてください。


【3】メモリ電圧設定

DRAM Bus Voltageをメーカースペックに合わせて設定します。

【例】メモリスペック電圧1.65Vの場合
 ⇒1.65V以下の["1.64V"]に設定してください。

【例】メモリスペック電圧1.5V~1.6Vの場合
 ⇒["1.50V"]["1.60V"]のいずれかで設定。低めの電圧で安定しない場合は、[1.60V]を試してください。



【注意】Intel X58チップセットでは1.65Vより上の設定は推奨いたしません。メモリスペックが1.65Vより上の製品は、スペック電圧範囲で使用した場合の製品保証がありますが、メモリ以外のパーツ(マザーボードやCPUなど)への影響については保証できかねますので、ご注意ください。


【4】メモリタイミング設定

DRAM Timing Controlでメモリタイミングの設定を行います。


セッティングするのは4項目で、

DRAM CAS# Latency
DRAM RAS# to CAS# Delay
DRAM RAS# PRE Time
DRAM RAS# ACT Time

をメモリスペックに合わせて設定します。上からメモリスペックにあるタイミングの順番です。

メモリスペックが「9-9-9-24-2N」なら、以下のように設定します。


2NはDRAM Timing Mode["2N"]と設定しますが、この値が指定されていないメモリの場合は初期設定のままご使用ください。


【5】メモリ設定以外の項目

必要に応じてCPU VoltageでCPU電圧を調整します。CPUをOCしていない場合は、初期設定の[Auto]のままでもかまいません。




【6】BIOSの変更を保存して再起動

Exit→[Exit&Save Changes]で設定を保存して再起動します。このメニューのショートカットキーは[F10]です。



【7】設定の確認

Windows起動後、CPU-Zなどのソフトでクロック・タイミングの設定を確認してください。

CPU-Zについて

CPUの詳細情報の表示や動作クロックをリアルタイムにチェックできるフリーソフトです。CPUIDのウェブサイトで無償配布されています。

配布元 URL:http://www.cpuid.com/softwares/cpu-z.html

ページの先頭へ



OCM32000CL9T-6GB

G.SKILL Computex 2010 Overclocking Show